活性酸素が老化の原因|体内から退治しよう

ウーマン

過剰発生を抑えるには

メンズ

発生メカニズムと対処法

活性酸素とは、普通の酸素分子より反応性の高い酸素分子と、その化合物をいいます。スーパーオキシド・ヒドロキシルラジカル・過酸化水素・一重項酸素の4種類に分類するのが一般的です。活性酸素は、酸素分子が不対電子を持つことにより発生します。活性酸素の特徴は、反応性が高いため近くの分子の電子を奪って酸化させてしまうことです。生体ではミトコンドリアが酸素を消費する際に、活性酸素を発生しています。そのままでは細胞を傷つけることになりますが、スカベンジャーという抗酸化物質で、防御したり修復することが可能です。しかし過剰に発生した場合は防御しきれず、動脈硬化・心筋梗塞や脳梗塞・がんなどの病気のほか、老化やシミ・ソバカスの原因のひとつになります。しかし活性酸素はデメリットばかりではなく、体内に侵入した細菌を死滅させることが可能です。また白血球は活性酸素のひとつである過酸化水素を、殺菌のために使っていることが判明しています。したがってやみくもに除去するのではなく、過剰な活性酸素の発生を抑制する生活を意識することが大切です。そのためには発生原因のひとつであるストレスを解消し、過剰な運動や加工食品の過剰摂取を控えることが有効です。それと共に効果を謳うサプリメントの摂取も、ひとつの方法といわれています。一般的には抗酸化サプリメントと呼ばれ、ビタミンEとC、ベータカロチンが主成分です。今後も様々な有効成分を加えたサプリメントが発売されると予想されています。