活性酸素が老化の原因|体内から退治しよう

ウーマン

病気や老化を招く体の酸化

酵素

攻撃力を持つ物質が発生

人間の体は、常に活性酸素の害にさらされています。比較的若いうちは、このような活性酸素の害にも抵抗力が保てますが、加齢によって徐々に活性酸素に対抗する力は低下してきます。体に現れてくる様々な老化の兆候は、活性酸素の影響によって引き起こされているというのが、最近の考え方です。活性酸素は、体内のあらゆる細胞を攻撃することで知られます。細胞の主要な部分が活性酸素によって傷つけられると、様々な病気が引き起こされます。若い年齢では、このような活性酸素の攻撃を受けても、ダメージを修復することが可能です。ですが、何らかの理由で修復活動がスムーズにいかなくなった場合は、細胞のミスコピーなどが生じやすくなります。こうなると悪性の病気に罹患する可能性が出てくるため、単なる老化現象だけでは済まなくなるのが問題です。老化や病気を予防するためには、活性酸素の悪影響を出来るだけ減らすのが現実的な方法です。今では、活性酸素を中和する成分なども健康食品に起用されます。酸化現象に負けない体を維持してくれるのが、例えば抗酸化作用のある成分です。このような成分は、傷ついた細胞の回復を促してくれるだけでなく、ダメージを受けにくい状態に体を導きます。酸化という現象が起こると、体にとって有害な成分が新たに発生します。このような成分は、血管の老化も引き起こし、生活習慣病の一因です。活性酸素の害を防ぐことは、生活習慣病を予防することにも繋がります。