活性酸素が老化の原因|体内から退治しよう

家族
メンズ

過剰発生を抑えるには

活性酸素は、普通の酸素分子より反応性の高い酸素分子とその化合物です。そのため近くの分子の電子を奪い酸化させることで細胞を傷つけ、様々な病気を引き起こす原因になります。しかし体内に侵入した細菌を死滅させるメリットもあるため、過剰発生を抑える生活を送ると共に、抗酸化サプリメントの摂取が有効です。

男の人と女の人

実は身体に必要なもの

活性酸素は本来、身体に必要な役割を持っています。ところが、増えすぎてしまう事で、細胞にダメージを与えてしまい、老化現象を引き起こします。増えすぎてしまった活性酸素を除去するには、酵素が重要です。サプリメントなどを活用して、積極的に摂取しましょう。

酵素

病気や老化を招く体の酸化

活性酸素は、体内に存在する有害な成分です。酸化という現象を引き起こして、体に色々な悪影響を及ぼします。細胞を攻撃し、ダメージを与えるのが活性酸素の怖い所です。このような害を抑える成分が、最近は健康食品に配合されています。

老化を引き起こす原因とは

家族

酸化力の強い酸素

活性酸素は、ある程度の量は体内に必要とされますが、その量が増えすぎてしまうと体内の細胞を錆びさせていきます。活性酸素とは活発な酸素のことを言いまして、強い酸化力を持った酸素です。それは本来は体内に進入してきた悪い細菌類をその酸化力で溶かして除去する働きを行います。しかし体内でその量が増えてしまうと、悪い細菌類だけでなく良い細胞までその酸化力を発してしまうわけです。それが細胞が錆びるという状態です。細胞が錆びてしまえば細胞にダメージを与えることになるので、細胞の働きが弱まります。細胞の働きが弱まり、免疫力が低下し、肌が弱ったり疲労がたまったりするなどの老化現象が起こるようになるわけです。老化を引き起こさないようにするためにも、活性酸素の量を増やし過ぎないようにすることが大事です。では活性酸素はどのようにして体内に増えてしまうのかといいますと、体に大きな負担をかけるような激しい運動をしたとき、強いストレスを感じたとき、喫煙、紫外線を浴びたときに体内で活性酸素は分泌されていきます。運動をするなら体に負担をかけないように軽い運動を続けること、たとえば散歩やジョギング、ストレッチ、ヨガなど、激しく体を動かさないように気をつけることで活性酸素の分泌を抑えることができます。そして喫煙は肺に良くないといわれていますが、実はこれは活性酸素を分泌させるものでもあります。喫煙で肌が悪くなるのはそのためです。紫外線を浴びることでも活性酸素は体内で分泌されるので、日の照りを強く感じるときはUVカットができる衣装を身に着けるか日焼け止めクリームをつけて皮膚を保護することが大切です。